のりたびの詳細プロフィール

のりたびの詳細プロフィール
Pocket

どうも、のりたび(@noritabi1990)です!

今回は私、のりたびの詳細プロフィールについてご紹介します!



略歴

1990年 愛知県に生まれる。
1997年(7歳) テレビゲーム(ポケモン緑)のやりすぎで目が悪くなる。
2003年(13歳) 中学校入学。いじめに遭う。
2005年(15歳) ソフトテニス部で区大会に優勝する。県大会には一度も進めず。
2006年(16歳) 高校入学。「PCができれば就職有利になるかな」という浅はかな理由で情報系の高校に進む。これが今後の人生を大きく変える事になる。
元々入ろうと思っていたソフトテニス部ではなく、毎日残ってPCを触り続ける事にする。(後に部活になる。)
2008年(18歳) CG系の全国大会に2年連続出場する。
2009年(19歳) 大学入学。人生初のバイトは飲食店。3ヶ月で辞める。
2010年(20歳) テレビ局の夜勤バイト、結婚式のエンドロール撮影のバイト等を経験する。
学生団体に入り、東京に行ったり他大学の学生と会ったりして意識高い大学生風になる。
2011年(21歳) 学生団体の代表を引き継ぐ。運営がうまくいかず自然消滅させてしまう。
2012年(22歳) 9月 富士山登頂。
12月 カンボジアに小学校のボランティアで初海外一人旅。(カンボジアは一年中夏。体調を崩す。)
2013年(23歳) 県内の大学を卒業。就職せずフリーランス(個人事業主)として仕事を開始する。
2015年(25歳) 東京の音楽ライブ技術会社へ転職。親元を離れ初の一人暮らし。目標としていた某有名アーティストのライブに参加。
カメラアシスタントとして、発売されたDVDに名前が載る。それと同時に目標を見失う。
2017年(27歳) 東京での仕事を辞め、愛知へ戻る。IT企業で仕事を開始する。
2018年(28歳) 半年でIT企業を辞め、Web制作会社で修行中。ブログを本格的に始める。

現在はフリーランスでWeb、映像撮影・編集を中心に活動中。




学生時代(小学校〜大学)

小学校〜中学校

小学校はごく普通の子供でした。

夏休み、学校のプールに遊びに行った時に、帰りの際パンツを忘れた事に気付きノーパンで帰ったり(行きは海パンの上に私服だった)、鉄棒で忍者逆上がりをやろうとしたら、なぜか自ら手を離して地面に落ちてたんこぶできたり。
そんなおっちょこちょいな子供でした。笑

しかし、中学1年の1学期はいじめに遭っていました。

思春期に入り、人間関係を構築するのが苦手になりました。

部活に入りましたがそこで陰口、悪口を言われていて、

当時気が弱く何も出来なかった自分はただ我慢するしかなかったです。

高校〜大学

高校では初めて周りに知っている人が一人もいない空間でした。

中学は2クラスしかなくメンバーも小学校からほとんど同じ。

お昼も一人で食べて、話も合わない。

休み時間も携帯をいじってばかり。数えるほどしか話した記憶がありませんでした。

新しい環境に慣れるのに時間がかかる性格です。

人生を変える決断


入学当時ソフトテニス部に入るつもりでした。
中学のペアを組んでいた友達には
「県大会で会おう!」とまで約束していたのにです。

それでも毎日残ってパソコンを触る事に決めました。
パソコンはそれまで授業くらいでしか触ったことのない程度。

その高校に入ってみて分かったのは、自分が思っていたより遥かに最先端の事をやっている学校でした。この空間で将来に活かせる事をしようと決意。

デザインやWeb 、CG等沢山の今に繋がることを学びました。(最初はちんぷんかんぷんでしたが。笑)

その流れで大学に行き、さらにスキルを上げていきました。

第一次フリーランス

大学時代に会った社会人の方から仕事をもらう形でいろんな仕事をやりました。

映像撮影・編集はもちろん、結婚式のPAや
エンドロール撮影、名刺デザインやらなんでもやるスタイル
でした。
ただ実家にいたので知らず知らずのうちに甘えが出ていました。

今思えば実家暮らしはあまりお金減らないんですよね。

それはそれでいいのですが、一人で生きていく事、
自立をしなきゃという気持ちが芽生えてきました。

何でもかんでも親にやってもらうのは、
20代も後半に向かう中まずいと思っていました。

東京時代

その当時24年間実家にいたのもあって、
東京に行きたい欲はずっとありました。

さらに「会社で働いていない」という
社会のルールを知らないんじゃないかという不安から、
20代のうちに何処かで働こうという気持ちになっていました。

元々ライブの撮影をするのが好きだなというのは、
愛知で仕事していて感じていたことです。

でもその仕事内容が何をやっているかよくわからないからやってみたい。

そんな気持ちがあり、
好きなアーティストのDVDの後ろの欄を見て、
会社を調べ、面接し、中途採用で入社することに。

無我夢中で飛び込んだ夢の世界

正直夢の世界でした。有名なアーティストのリハーサルが見れたり。
一年目にして夢だった尊敬するアーティストのDVDに名前が載ることができました。

仕事内容は大変でしたが、力をくれたのはライブでした。
仕事をきっかけにアーティストを知ったり、好きになったり。
とても良い思い出です。

ライブ仕事のリアルに関して知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
>>ライブ撮影会社に就職したい人は知っておきたい5つのアドバイス




愛知へ戻り、大手IT企業へ

2年3ヶ月程働いてライブ関係の会社を退職しました。

最初は愛知に戻り、映像をやっていこうと思っていた矢先、
ひょんな誘いからIT企業に行くことに。

そこでは終業時間のチャイムが鳴っても誰も帰ることのない人たち。

しまいにはプロジェクトの上の人から

「クライアントが怒って明日の朝までにこれ出して」とその日の夕方に言われ、

担当の人3、4人が朝まで残って仕事する。(自分含む。実話。笑)

正直、頭がおかしいんじゃないか。と思いました。

自分が直属の上司に言っても直しようのないもどかしさ。
(クライアントと話しているのはもっと上の偉い人だから。その人も偉い人には直接言えない立場の為その人も辛い。)

これがブラック企業なんだなと感じました。

この仕事は数ヶ月経って、
ある程度で見切りをつけやめようと思っていました。

これを定年まで真面目にやっていたら頭がおかしくなる。
と思ったのが決め手です。

Web制作へ

お世話になってる方からWebの誘いを受け、
学生時代以来のWeb制作を本格的に始めました。

ようやく形になってきたところですが、
まだまだ頑張ります。

ブログを始めたきっかけ

自分のやっていることを伝える作業が子供の頃からとても苦手でした。

ですので自分から発信した事がほとんどないし、恥ずかしい。

だからこのブログで少しずつアウトプットをして、
自分を出すキッカケにしよう。
そう思ったのが始まりです。

フリーランスですし、
一人で圧倒的に行動する事が多いので
寂しくなるのも理由の一つです。笑

ブログへの想い

20代の人に「やりたい事やろうよ!」って伝えたいんです。

辞めたかったら辞めないと苦しい事しかないよ!と伝えたいです。
「辞めたら暮らしていけない」、「次の仕事どうしよう」とか、
そこを考えたら一生辞めれないですし、最悪命を断つ可能性もあります。

自分もギリギリだった時期がありました。

何年も忍耐強く働いている事は本当に凄い事だと思います。

でも顔も見せない奴が何言ってんだと言われそうですが、
嫌々毎日会社に行って何が楽しいのかなと思うんです。

いろんなしがらみがあって辞めたいけど辞めれない。
そんな状況が多々あります。
事実、自分はライブ会社を辞めようと決めてから1年かかりました。
「辞める」ことを言う勇気も自分の命を守るためには必要です。

長くなりそうなので、これは別の機会に書くことにしようと思います。

ここまで見て頂けた方、ありがとうございます。
徐々にこれから記事を増やしていきたいと思います。

のりたびのSNS

素に近い感じで呟いてます!

Twitter

>>@noritabi1990さんのツイート

プライバシーポリシー

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

プライバシー ポリシー – ポリシーと規約 – Google

Adsense

『のりたび』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、以下のURLをクリックしてください。

広告 – ポリシーと規約 – Google

Amazonアフィリエイト

『のりたび』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

プロフィールカテゴリの最新記事