【自己分析】ストレングスファインダーで「強み」を知ろう。

【自己分析】ストレングスファインダーで「強み」を知ろう。
Pocket

どうも、のりたび(@noritabi1990)です!



ストレングスファインダーとは?

アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。 Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。

34もの強みの種類から5つが選ばれる

その結果は34の強みの種類に分類されます。

アレンジ、運命思考、回復思考、学習欲、活発性、共感性、競争性、規律性、原点思考、公平性、個別化、コミュニケーション、最上志向、自我、自己確信、社交性、収集心、指令性、慎重さ、信念、親密性、成長促進、責任感、戦略性、達成欲、着想、調和性、適応性、内省、分析思考、包含、ポジティブ、未来志向、目標志向

本を購入し、そこに記載されているアクセスコードをWebサイト上で入力し、
177個の質問に答えていくと、その中の5種類が選ばれます。
※アクセスコードは一度のみ使用可能なので中古の物はコードは基本使用されたものと思って下さい。
性格診断サイトのようなものが無料でもあったりしますが、
その中でも一番信頼できるものではないかと思います。
将来の仕事選びにも役立ちます。

自分は下記の5つでした。

① 責任感

責任感を共有できる人たちと協力関係を築きます。物事を成し遂げるという確固とした意思を共有できる人達とともに働くことによって、あなたはよりうまくいくでしょう。

 

② 慎重さ

慎重に意思決定を行う理由を説明します。リスクを強調するのは、リスクの制御と低減が目的であることを説明します。「慎重」の才能を、自信のなさや臆病さと誤解されないようにします。

③ 学習欲

学習方法に磨きをかけます。例えば、あなたは教えることによって最も多くのことを学ぶタイプかもしれません。そうであれば人前でプレゼンテーションをする機会を見つけましょう。またあなたは静かに物事を考えることによって最も多くのことを学ぶかもしれません。そうであれば静かな時間を見つけるようにしてください。

何らかの技術的な能力が必要な仕事を探します。あなたはこの専門知識を身につけて維持する過程に喜びを感じるでしょう。

技術や規則が常に変化する分野はなるべく選択しないようにします。あなたは何かを継続することにやりがいを感じるでしょう。

④ 調和性

毎日にように人と衝突することになる仕事は避けます。例えば、売り込み電話主体のセールスや競争の激しい職場での仕事は、あなたにフラストレーションを与えたりイライラさせたりします。

⑤ 収集心

単に情報を収集するだけにならないようにしてください。ある時点で得た知識を活用して行動を起こす必要があります。他の人にとって最も価値のある事実やデータを特定することを重視し、その人たちの利益のために情報を活用してください。

 

自分では言葉にしにくい部分の長所を
評価してもらっているのかなという気がして自信がつきました。

こういった結果を受け入れるかどうかは自分次第ですが、
自分を創り上げていく中では十分参考になる本です。

さらに、本の内容にはこの34の項目の一つ一つが細かく説明されており、
自分がこんな強みがあるからこういう仕事に活かしたら強みを発揮できるといった
やる気をアシストしてくれます。

もし少しでも気になった方は「強み」を知って、
今後の生活に活かしてみて下さい。