【ブログが書けない】3ヶ月目で陥った理由と対処法について考えてみた。

【ブログが書けない】3ヶ月目で陥った理由と対処法について考えてみた。
Pocket

のりたびブログを始めてから2018年の10月13日で3ヶ月になりました。

実は10月9日以降、約2週間もの間記事が書けなくなりました。笑
仕事が物凄く忙しかったわけでもなかったです。
実際のところパソコンに向かってブログを書こうとしていましたが、それでも文章は進まず。

再開一つ目の記事がこちらになります。笑

この記事は、

・ふとある時を境にブログが書けなくなった人
・その対処法を知りたい方

に読んでいただければ幸いです。



3ヶ月経ったブログの現状

まさにこれというツイートを見つけましたのでご紹介。

PV数を気にし始める

読まれない事に焦り始めます。他のブログに比べて自分は全然読まれていない…とか

自分を悲観し始めたら信号が出たも同然です。
それと直帰率やセッション継続時間も気になり始めます。
何もかもが停滞気味になってどうしたらいいのかを優先的に考え始めます。

検索での流入が入り始める

それまでほとんどがTwitterでの流入だったのが、
3ヶ月が経ちドメインパワーも付き始め、徐々に狙っていた検索流入が入ってくるようになりました。それは嬉しい事なのですが、収益が伸びない事にも悩み始めました。

ブログが書けなくなった理由

①キーワードを意識しすぎる

収益が出ない事を意識しすぎるあまり、キーワードを考えるようになります。
これじゃだめ、あれじゃダメを繰り返して、最終的に今自分には書けることがないとなってしまいました。

②書きたいことがなくなった

上記の収益を意識しすぎて、記事を書こうとすると、書きたい事があっても書けなくなります。
収益には結びつかないしな…という視点で物事を全て捉えだし書ける記事があったとしても書かない時期が続きました。

③文章が浮かばない

キーワードをどうにか絞り出し記事を書こうと何度もしました。しかし全く書けません。なぜか?
それは全く興味のない事だからです。今書きたいかと言われると書きたくない。
よくよく考えると、それはもう立派な『仕事』になってしまっている事に気付きました。

ブログを再開するための対処法

①今自分が悩んでいることを記事にする。

まさに今書いているこの記事が一番ありのままであり書きやすいなと思ったので書き始めました。
文章も進みやすく、頭の中にある事をそのままぶつければいい。
ブログというより日記になりそうですが、文量を削る作業は比較的簡単です。
まずは書くきっかけ作りとして、今考えている、悩んでいる事柄をそのまま書いてみる事を個人的には推奨します。

②とにかく書き始める。

書き始める。これがやれそうでやれなかったんです。
記事の骨格を作るまではできるのですが、文章を実際に書き始めるのが難しい。
でも一歩踏み出すことができれば、意外とそのまま突き進むことができるので、
とにかく書き始める事を意識してやってみるのもありです。

③収益を気にしない。

収益を気にすることも重要ですし、そうしたいです。でも記事を書かない事には何も始まりません。
「最近、書けないな」と思ったら今書きたい事を書くのがおすすめです。

モチベーションをもらった書籍達

ブログが書けない時は本を読んでやる気を上げるのも一つの手です。そこで自分が実際に読んでいた本をご紹介します。二冊ともとても読みやすいのでブログで収益を上げたいと思っている方は一読の価値ありです。

沈黙のWebライティング/松尾茂起

本気で稼げるアフィリエイトブログ/亀山ルカ,染谷昌利