活力が湧いてくる!明日への糧となる本厳選5冊

活力が湧いてくる!明日への糧となる本厳選5冊
Pocket

どうも、のりたび(@noritabi1990)です。

今回は「活力が湧いてくる!明日への糧となる本厳選5冊」をお送りします。

同じ作業の繰り返しに疲れてしまった人、
一息つきたい人などに読んでいただきたい本をまとめました。



①奇跡のリンゴ

希望がもらえる度 :★★★★★
名作度     :★★★★☆
学び度      :★★★☆☆

2013年にヒットした書物。
リンゴ農家の木村さんはリンゴがうまく育たず一度自殺未遂をしたほど思い詰めました。

そこから這い上がったのには何が起き、どうやってヒントを得たのか。
木村さんの人生を追うことで希望を持てる方もいるかと思います。

「明日のことで悩むのはやめて、
今日という日を精一杯生きなさい」

「人が生きていくために経験や知識は欠かせない。
だから経験や知識のない人を、世の中ではバカという。
けれど人が真に新しい何かに挑む時、
最大の壁になるのはその経験や知識なのだ」

②幸福のレッスン

希望がもらえる度 :★★★★☆
名作度     :★★★★★
学び度      :★★★★☆

こうすれば幸せじゃない?というアイデアが詰まった一冊。

幸せの基準が自分はどういった部分で思うのか。

幸せになる為のヒントがたくさんあり刺激になります。

・幸福の種類を知る

・同調圧力に負けない。

・不幸を考える
「不幸とは退屈さと不全感(こんなはずじゃなかった)が混じり合った感情」
「退屈」とは日常の無意味さ、空虚さ、手応えの無さ

③好奇心を“天職”に変える空想教室

希望がもらえる度 :★★★★★
名作度     :★★★★★
学び度      :★★★★☆

この本は幼少期の頃の気持ちを思い起こさせてくれるような本です。
TEDxで話題沸騰になった小さな町工場から自家製ロケットを打ち上げ、宇宙開発の常識を逆転させました。
日本一の空想経営者が贈る本です。

・素直さや真面目さより、「自分の考え」を優先する
 他人にどう評価されても、自分たちの評価を信じよう

・中途半端になってもいいから、好きなことにはいくつも手を出す
 できるかどうかは気にしない。やりたいことはなんでもやってみよう

・否定されても怒らず聞き流す
 悔しくてもさみしくても、ぐっとこらえる。でも「まずい」と思ったら逃げる。

④ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする300の言葉

希望がもらえる度 :★★★★★
名作度     :★★★★☆
学び度      :★★★★★

一言一言が胸に響きます。
82歳の劇画原作者の方が著者ですが、
気持ちがすごく若いのだろうなと感じます。

デザインも見やすく、飽きない。
この一冊を読めば力になる言葉が必ず見つかるかと思います。

好きな人ができたら迷わず好きだと告げるべし。
これ!と思うものは迷わず買うべし。
旅に出たいと思ったら行けるところまで行ってみるべし。

80になってやらなかったことの後悔が、
やってしまったことへの後悔より深いことを知る。
やりたいことをとことんやるべし。
今日限りの命のつもりで、永遠に生きるつもりで。

⑤働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

希望がもらえる度 :★★★★☆
名作度     :★★★☆☆
学び度      :★★★★★

様々な過去の偉人の名言をいいとこ取りした書物。
よく見る名言集よりは個性的な印象がありますが、ヒントになる言葉が沢山詰まっています。

人生は大まかな「目次」(方向性)だけを決める

合わせて見たい記事