【一人旅 高山〜郡上八幡】一泊二日 グルメと綺麗な景色を堪能する。

【一人旅 高山〜郡上八幡】一泊二日 グルメと綺麗な景色を堪能する。
Pocket

どうも、のりたび(@noritabi1990)です!



交通手段

時間 手段 値段
6月15日(金)9:45〜12:15 高速バス(名古屋→高山) 2,980円
6月16日(土)11:30〜12:50 高速バス(高山→郡上八幡) 1,650円
6月16日(土)19:20〜20:30 高速バス(郡上八幡→名古屋) 1,850円

主な行程

時間 場所 備考
6月15日(金) 天気:曇り時々雨
9:45〜12:15 高速バス(名古屋→高山)高山着 2,980円
12:30〜13:30 味蔵天国(焼肉) 一人焼肉
13:30〜15:00 高山駅近く古い町並 街ブラり
17:00〜18:30 樽平(居酒屋) 4,640円
21:00〜22:00 麺屋しらかわ(中華そば) 700円
6月16日(土) 天気:晴れ
9:30〜11:30 高山駅近く古い町並再散策(晴れたので再度)
11:30〜12:50 高速バス(高山→郡上八幡) 1,650円
12:50〜15:00 郡上八幡散策(郡上城) 370円
15:00〜15:30 蕎麦正 まつい(ざるそば) 1,080円
16:30〜17:30 大八(鮎フライ定食) 1,900円
19:20〜20:30 高速バス(郡上八幡→名古屋) 1,850円

1日目

まずは朝、名古屋駅裏のバスターミナルより高速バスに乗車。

平日ではあったが、結構混んでいた。外国人がやはり多い印象。

約2時間半かけて高山へ。

《1日目》 昼食:「味蔵天国」 飛騨牛盛定食 2,780円

高山駅のバスロータリーで降り、
早速徒歩5分くらいで着く焼肉「味蔵天国」へ。
飛騨牛盛と言うだけあってこのボリューム。
なんて贅沢なランチ!!
控えめに言っても舌に入れるととろける。
飛騨牛おそるべし。

さらにご飯とお味噌汁おかわり自由
これには思わずおかわりしてしまった。

高山市の古い町並へ


そこから徒歩10分ほど行くと、
観光客で賑わう「古い町並」へと到着。
ここでは飛騨牛コロッケやプレミア飛騨牛にぎり寿司といった、
食べ歩きには持ってこいのものが売っている。

《1日目》 夕食:「樽平」 4,640円

昔ながらの雰囲気の良い居酒屋さん「樽平」へ。
日本酒飲み比べだったり、名物だったり。
ひだチーズは、モッツアレラチーズのたまり醤油漬け。
ここでしか食べられないような美味しい食べ物を満喫。
女将さんとお話しながらほっこりして一度ホテルへ戻った。

《1日目》 夜食:「麺屋しらかわ」 中華そば 700円


21時から営業のラーメン屋さん「麺屋しらかわ」。
10分前に行ったらもう営業しており、あと2,3人で満員になってしまう人気店。
お酒を飲んだ後にはちょうど良いさっぱりさ。
お腹に優しいラーメンだ。
さらに店員さんも食べ終わると、
一人一人に優しく「ありがとうね!」と目を見て、
お礼を言ってくださる感じはとても爽やかで好感が持てた。
また来たいお店だ。

2日目

天気は晴れ。
晴れたので古い町並みを再散策した。

郡上八幡へ

そして高速バスへ郡上八幡へ移動。
郡上の町並みへは徒歩だと約40分くらいかかったが、
綺麗な川沿いを歩いていったのできつくはなく、とても心地良い時間だった。

川では鮎釣りをされている方もいた。
この自然な感じがまた良い。

郡上八幡城へ

登りが結構きつかった。。
汗だくになりながら無事お城へ到着。

《2日目》 昼食:「蕎麦正 まつい」ざるそば 1,000円


お城を見て、お腹が空いてきたので「蕎麦正 まつい」へ。
お邪魔したのは15時だったが営業していた。

わさびを自分で擦っていくのは初めてでひたすら擦った。

お客は自分一人だったが、丁寧に対応していただいた。

 

その後色々写真を撮りつつ、、



 

《2日目》 夕食:「大八(だいはち)」天然鮎フライ定食 1,750円

帰りのバスが来る前に夕食を。早い時間から空いていた「大八」へ。

天然の鮎フライ定食。

鮎が3匹も。川で摂られた新鮮な魚。
美味しいに違いない。
とても味が濃厚であっという間に完食してしまった。
夕食を頂いた後は時間までゆっくりと歩いてバス停まで。

素敵な景色や名物をしっかり楽しめた旅になった。

旅行記カテゴリの最新記事